不妊で悩む夫婦は不妊治療で問題を解決しましょう

不妊症の悩み

研修医

夫婦の深刻な問題に発展するのが不妊の悩みです。どれだけ良好な関係を築いている夫婦でも、不妊の問題で摩擦やすれ違いが起きてしまうということもあります。
子作りに励んでも、なかなか子宝に恵まれないと、次第に自分を責めるようになり精神を病んでしまいます。
周囲の夫婦は妊娠、出産をつつがなく行なっているのにも関わらず、自分は妊娠できないという劣等感に苛まれるようになります。
しかし、不妊症の夫婦は意外に多いのです。夫婦が10組いたら、そのうちの1組は不妊症と言われています。
身近にも不妊症で悩んでいる夫婦はいますので、自分だけを責める必要はありません。

不妊症と診断される定義としては、避妊をせずに性交渉を行なっているのにもかかわらず妊娠しない期間が2年異常続いているという状態です。
一年ほど赤ちゃんが出来なくてもすぐに不妊症だと決めつけて焦る必要はありません。海外では一年間赤ちゃんが出来なければ不妊症という国もありますが、焦らずに不妊治療に取り組んでいきましょう。
不妊の悩みを解消する為に行なうのが不妊治療です。不妊治療は、婦人科などで受けることができます。

不妊治療は医療福祉の一つです。医療福祉とは、医療行為によって体の健康を取り戻すことによって、人生をより豊かにするというものです。
不妊治療は、夫婦間だけでなく両親などの周囲にいる親族との関係にも影響を与えるデリケートな問題です。
不妊治療によって不妊症を改善することによって、様々な人間関係が円滑に回り、人生がより豊かになります。

原因を追求する

診察

不妊治療を始めるにあたって、まずは検査を受ける必要があります。不妊症の原因は様々なものがあります。男性が原因の場合もありますし、女性が原因の場合もあります。原因を特定して効果的な治療を行うためにも検査は必要不可欠です。

Read more

時期を特定

試験管

不妊治療の方法として最も初歩的なものが、タイミング法です。女性の月経の周期を正確に把握して、排卵の時期を特定し、性行為を行なうというものです。排卵を促進する排卵誘発剤を併用して治療を進める場合もあります。

Read more

タイミング

命

人の手で直接精子を子宮内に注入する人工授精という不妊治療もあります。タイミング法でも妊娠しない、フーナーテストの結果が悪い場合などの行われる不妊治療です。妊娠の確率が高い治療方法です。

Read more

不妊治療

基礎体温

以前は高度な治療とされていたのが体外受精です。体外で受精させた受精卵を子宮内に戻すという不妊治療です。近年の医療技術向上に伴って、一般化してきた治療方法です。人工授精に失敗した場合などに行われます。

Read more

オススメリンク