不妊で悩む夫婦は不妊治療で問題を解決しましょう

不妊治療

基礎体温

現在では晩婚化などの影響もあり、不妊に悩んでいる夫婦が増加していると言われています。
不妊に関しては男性、女性のどちらにでも原因がある可能性があるため、妊娠を望む場合は婦人科などの専門機関できちんと検査をする必要があります。
治療によって自然妊娠の可能性がある場合は、タイミング療法から始めるのが一般的ですが、自然妊娠が難しいと判断された場合は、体外受精や顕微鏡受精などの方法を試すことも可能です。
不妊治療は長い期間かかることも多く、人によっては相当のストレスとなる場合もあります。
また、思うように結果が得られなくて精神的に不安定になってしまう人などもいます。
そのような人たちの心のケアをするためのカウンセリングルームを設けている婦人科なども増えています。

自然妊娠が難しいと判断された夫婦の場合、体外受精や顕微鏡受精などの方法を選択することができますが、これらの治療に関しては保険が適用されないため、一回あたりの治療費がとても高額になります。
金銭的な理由で治療を諦める人も少なくありません。
そのような不妊に悩む人のための国の事業として「特定治療支援事業」があります。
この事業は、体外受精や顕微鏡受精を行った夫婦に対して費用を助成するという制度になっています。
これらの治療を行っても1回で成功するとは限らないため、2回までは助成の対象となっています。
この制度を利用するには、都道府県や自治体が指定している医療機関で治療を受ける必要や所得制限なども一定の条件があります。