不妊で悩む夫婦は不妊治療で問題を解決しましょう

原因を追求する

診察

不妊症の定義としては、【夫婦が避妊をせすに通常の性生活を送っているのにもかかわらず、二年以上妊娠をしないこと】とされています。
昔は女性側に原因があると考えられていましたが、現在の医学では男女ともに不妊に至る要因がある、もしくは原因がわからないケースもあるとされています。
不妊症には、精子の異常や男性器の機能障害などが原因となる【男性不妊】と、排卵障害、卵巣・卵管障害などが原因の【女性不妊】など、多くの要因が挙げられます。
このため、治療を行う上で原因を探ることが欠かせません。
産婦人科を受診する際には夫婦揃って行かれることをお勧めします。
古くから行われている方法としてはタイミング法、人工授精、卵管治療、排卵誘発剤の使用があります。
現在は不妊症に対する研究が進み、体外受精や、顕微受精、胚盤胞移植など高度な技術が使われています。

不妊症の治療は産婦人科というイメージが強いですが、現在では男女ともに不妊治療専門のクリニックができ、より高度により親身な治療が受けられるようになりました。
不妊症の治療を受ける人だけが受診することで、精神的な負担の軽減も期待できます。
また妊娠しやすい体づくりとして、漢方や鍼灸を用いた東洋医学も注目されています。
とくに病院での検査で夫婦ともに異常が無かった場合には、生活習慣や体質改善で妊娠することもあります。
体質改善などはすぐに目に見える効果が得られるものではないので、根気良く続けることが大切です。
不妊にはさまざまな要因が関係します。
自分たちに合った治療法、信頼できる先生を見つけ、納得がいく方法をいくつか取り入れてみるといいでしょう。