不妊で悩む夫婦は不妊治療で問題を解決しましょう

タイミング

命

現代の日本では、不妊に悩むカップルが増えています。不妊治療をする場合、いくつかのステップを踏みます。
まずは基礎体温等から排卵日を予想したり、排卵誘発剤を使って排卵日前後に性交を持つタイミング法。そして、それでも妊娠しなければ人工授精に進みます。
これは男性の精液を精製して、チューブで直接子宮内部に精液を流し込む方法です。ここまでは比較的費用が安く済みます。
これらの方法でも妊娠しなかった場合、費用のかかる高度生殖治療に進みます。まずは体外受精です。
取り出した卵子と精子を受精させて女性の子宮に戻す方法です。そして最終的に妊娠しなければ顕微鏡受精を行います。
人の手で直接受精をさせるものです。このような方法で不妊治療は行われますが、高齢のカップルにはステップを踏まずに最初から体外受精を勧めるなど、それぞれに合った方法で治療が行われる事が多くなっています。

不妊治療は実は原因不明のものが一番多いと言われています。医師の指示通りに治療を進める他ないのですが、自分でも出きる気軽な工夫を紹介します。
1、ストレスをためない事ストレスと一口に言っても様々なものがあります。大きく分けると、日常(仕事、家事、家族関係など)のストレスと、治療上の精神的な負担によるストレスの二つがあります。
特に仕事との両立によるストレスは深刻です。場合によっては職場でのカミングアウトも一つの選択です。
2、食生活の改善インスタントや外食ばかりに頼らず、自分でできるだけ食事を作る事も大事です。添加物の少ない食品を使用する事も意識しましょう。
どうしてもその時間が取れない場合は、足りない栄養をサプリメントで補う事も可能です。3、睡眠を取る事睡眠を取る事で、人はホルモンバランスを整えます。
ホルモンの崩れも不妊の一因となります。規則正しい生活は気持ち、体の両方に良い影響を与えます。
このように、どれも気軽にできる工夫ばかりです。生活を少し見直すだけでも、治療の上では絶大な効果が見られます。